So-net無料ブログ作成

パニック障害・パニック症候群の基礎知識 [パニック障害基礎知識]


pncz1-1.jpg
※厚生労働省HPより引用


「パニック障害」「不安障害」も、近年よく用いられるようになった病名ですが、
正確にいうと、両者は並列関係にあるものではなく、上図のように、
「パニック障害」は「不安障害」の下位分類のひとつとされています。


「不安障害」というのは、精神疾患の中で、不安を主症状とする疾患群を
まとめた名称です。


その中には、特徴的な不安症状を呈するものや、原因がトラウマ体験に
よるもの、体の病気や物質によるものなど、様々なものが含まれています。



中でもパニック障害は、不安が典型的な形をとって現れている点で、
不安障害を代表する疾患といえます。


「パニック障害・パニック症候群」
誰もが一度くらいは聞いたことがある名前だとおもいます。



ひと頃前は、芸能人の間でも流行?していたということで
若い方の関心を引いた病気です。



誰もが陥る可能性がある半面、正しく治療法を理解していれば、
必ず治る病気です。



パニック障害は、日本ではまだはっきりした患者数は分かって
いませんが、この病気自体は世界的に見れば特に珍しいものではなく、
アメリカではパニック障害の患者は人口の3%程度と言われています。



日本で認知されてきたのは最近ですが、少なくとも100人に1人は
パニック障害にかかったことがあるとも言われていて、最近では、
特に珍しい病気ではなくなっています。



パニック障害を含む不安障害は年々増えていて、米国では今や
10人に3人以上が経験する病気であることがわかっています。



今の日本を、精神科的見地から、社会経済的に見るとまさに
「社会が精神病を患っている」といえるでしょう。



現代人の持つ様々なストレスが大きな原因ともいわれます。



それも単なる「精神病」ではなく、うつ病などのさまざまな
メンタル病を併発しているという特徴があります。



世界が一転、リーマンショックを皮切りに、リストラ、倒産の嵐が
吹き荒れ、一人ひとりが不安や無力感、絶望を抱え、自殺者の数も
加速度的に増えています。



まさに現代病とも国民病とも言われる所以です。



ご自身がパニック症候群(障害)であったり、ご家族がパニック障害
であった場合、なかなかどうやって、対処、治療していいか・・・
通院、治療がためらわれたり、知られたくなかったりします。



精神疾患病にかかる人がここ近年で確実に増え続け、
さらに内容も深刻化してきていることです。 
パニック症候群も精神疾患の一つです。



⇒パニック症候群・パニック障害 原因 症状 治療 克服法

panict.jpg









nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。